漆
湯沢市川連漆器伝統工芸館
TOP >秋田県漆器工業協同組合
▲体験予約 ▲お問い合わせ

秋田県漆器工業協同組合

展示・販売コーナー

物産・観光インフォメーション

沈金・蒔絵体験教室

歴史資料館

アクセスマップ

館内マップ




リンク集


体験工房(沈金)

体験工房(蒔絵)



 ■■ 椀のしたて


 当組合では平成17年度に意匠開発事業を実施し“椀のしたて”シリーズを開発しましたので、ご紹介します。

 「新たな椀の魅力を見出す、伝える」

川連漆器は、北東北を代表する漆器の産地です。なかでも、椀の種類は多様で、川連漆器の特徴の一つと言えます。定番の椀に加え、新たな椀の開発により、産地の独自性を再認識していただき、産地イメージの訴求力を高めることを目指しています。
椀の楽しさ、椀の魅力と同時に、川連漆器の可能性、川連の職人技の多様性、柔軟さをご覧いただければ幸いです。

椀の川連、川連の椀
北東北を代表する川連漆器では、椀の種類が豊富で、当産地の魅力の一つです。定番の椀などを中心に、様々な椀を一同に紹介いたします。

椀を仕立てる
新たな椀のデザイン(仕立て)の提案です。川連の職人技とデザインのコラボレーションをご覧下さい。

椀を見立てる
今回仕立てた(デザインした)椀を中心に、新たな椀の魅力や使い方、食器としての新たな「見立て」を提案します。

椀を見直す
意外と知らない、けれども知っていると少し得した気分になる身近な漆器「椀」についての豆知識(椀のトリビア)を教えます。

椀を遊ぶ、椀を創る
こんな椀があっても良いでのはと、これから漆芸を学ぼうとしている秋田公立美術短期大学の学生の取り組みなどを紹介します。


椀のしたて


 その中で、市場開拓に向けて取組んでいるのが、次の商品です。

モダン椀 「リーニュ」
モダン椀 「リーニュ」

「リーニュ」とは、線を意味するイタリア語。多くの水平な線が意識されることから名付けました。
洋風椀 「タンゴ」
洋風椀 「タンゴ」

椀の形状は「タンゴ」のリズムから受けるイメージに対応させて考えました

商品及び展示会企画デザイン:秋田公立美術工芸短期大学 産業デザイン学科
五十嵐研究室(秋田学術振興財団の受託研究)
DM・カタログデザイン協力:同卒業生 榎絢子